今年こそ治験コーディネーターに転職!

治験コーディネーターへの転職は専門サイトで

治験コーディネーターを目指して転職活動を行う場合、どのようにして転職先を見つければ良いのでしょうか。ハローワークに行って就職先を探したり、求人情報誌をチェックするなど転職先探しにはいくつかの選択肢があります。
助産師の求人│助産師に求められる資質とは?

でももっともおすすめなのは、看護師や薬剤師専門の転職支援サイトを 利用することなんです。 こうしたサイトでは、治験コーディネーターの募集もたくさん 掲載されています。 そして転職支援サイトでは、治験コーディネーターになるための 研修を行っているところもあるからです。

治験コーディネーターの経験がある人はいいですが、経験がない人は 応募する際に不安を感じるものだと思います。 自分が治験コーディネーターの仕事ができるかどうか心配している人も いるでしょう。

事前に研修を受けることができれば治験コーディネーターの 仕事内容も把握することができますし、面接の時も自信を持って のぞむことができます。 治験コーディネーターを募集しているSMO企業では、即戦力となる 経験者を求めることが多いです。 でも経験者というのは実際にはあまりいないので、研修を行って スキルアップしてもらおうというわけです。

SMO側でも、治験コーディネーターを募集したいからといって さまざまな媒体に求人広告を出してしまうと、思ったような人材を 集められないという残念な結果に陥ることがあります。

治験コーディネーター(CRC)という職業を初めて知ったような人に 来られても困ってしまうのです。 ですからある程度業界のことが分かるであろう、看護師や薬剤師を 対象としたサイトにのみ求人広告を出すことが多いのです。

こうした専門の転職サイトではスキルアップのための研修も行ってくれますから、 研修を受けた人が応募してくれれば、企業としても助かるのです。

ただ憧れだけで治験コーディネーターを目指していた人も、 実際に研修を受けると意識が変わるかもしれません。 逆に本気で治験コーディネーターを目指しているけれど 経験がないためにあきらめていた人にとっては大きなチャンスとなるでしょう。

治験コーディネーターはアルバイトも可能

治験コーディネーターとして働くには、正社員でなければならないと 思われるかもしれません。でも実は、アルバイトで働くこともできるんです。 一般的なアルバイトと比べると、治験コーディネーターのアルバイトは かなり時給や日給も恵まれています。

もちろん都市部であるか地方かによっても違いはありますし、 個人のスキルによってもどれくらいの収入になるかは変わってきます。

家事や育児と両立しながら治験コーディネーターとして働きたい人は、 アルバイトという働き方があっていることもあるでしょう。 また介護をしている人や、何かの資格を取得するために勉強中の人なども 時間が区切られたアルバイトという働き方の方がいいと思うものでしょう。

正社員になると規定の日数や時間は必ず働かなければなりませんし、 社内の行事に参加したり、治験とは関係のない面倒な仕事を任されても 文句は言えません。 そのため、あえてアルバイトで働きたいという人もいるでしょう。

アルバイトの場合は正社員よりも収入は下がりますが、時間の融通が きくということでこの働き方を選ぶ人が多いのでしょう。 でも実際にもらえる時給は職場によってさまざまなので、事前によく 確認し、月間でどれくらいの収入になるのかを把握しておきましょう。

またアルバイトで働いている間に、できれば治験の認定資格を取得しておくと キャリアアップに役立ちます。 治験コーディネーターの資格はいくつか種類がありますが、 この資格を持っていることを重視する企業もあります。

資格試験を受けるには、ある程度の実務経験を求められることがあります。 すでにその年数を満たしている場合はそのまま受験すれば良いですし、 まだの場合はアルバイトで働いた期間を加算して、指定の期間を満たしてから 資格を取得すると良いでしょう。

一時的にアルバイトとして働いた後、時間が取れるようになったら 再び正社員で働きたくなることもあると思います。 その時に、アルバイトであっても治験コーディネーターとして働いた経験は 必ず役に立ちますし、企業にも認めてもらえるでしょう。